包茎ってどんな症状?簡単な治し方はあるの?

日本人の半分以上が包茎

男性の陰茎が皮で隠れている状態のことを包茎といいます。衛生上良いとはいえませんし、見た目も悪いですよね。包茎にはいくつかの種類があり、それぞれ仮性包茎、真性包茎、カントン包茎に分類することができます。仮性包茎においては、日本人の約6割以上が該当するといわれています。そのため、あまり気にしなくてもよいかもしれません。しかし、見た目や衛生上の問題から治療したいと考える人もいることでしょう。いくつかの治療法が考えられます。

自分で包茎をなおす方法

軽度の包茎の場合、時間はかかりますが自分で治すことも可能だと言われています。基本的な方法としては、余った皮の部分を固定し、皮を剥いた状態を維持、慣れさせる方法です。テープなどを使って陰茎の根元で皮を固定する方法が一般的です。時間がかかりますが、自分で治療するため費用がかからないという大きなメリットがあります。しかし、重度の包茎で同じことを行った場合、最悪の場合鬱血の恐れがあるため、注意が必要です。

専門病院での治療も可能

自分で包茎を治療できないという場合には、専門家に頼むのもひとつの手です。陰茎の皮を取り除く手術によって、包茎を短期間で治療することができます。また、最近ではメスを使わない治療を行っているところも多く、痛みを伴わないということで人気です。しかし、このような治療の場合デメリットもあります。メスをいれる場合には、手術跡が残ってしまう可能性があります。また、どのような治療でも、包茎治療は保険適用外となる可能性があるのです。

包茎の場合、包皮内に汚れが蓄積することで炎症につながる恐れもあるため、早めに対応することが重要です。